復縁屋とは

復縁をしたくて仕方がないという人はどれくらいいるのでしょうか。

このような人の数を調査することはほとんど不可能に近いでしょうから、正確な数はもちろん無理ですし、おおまかな数を調べることもできないでしょう。

結局のところ、別れた相手と復縁したいという願望を抱えているのは、プライバシーに属することですから、たとえアンケートを取ることができたとしても、
なかなか率直に回答してくれる人はそんなに多くはないかもしれないでしょう。
ともかく、復縁という願望を抱えている人は、潜在的にかなりの数に上ると思われます。

主にまだ結婚していない世代ということになるでしょうから、10代後半から20代、そして30代くらいまでがメインということになるでしょうが、
復縁をターゲットにしたビジネスはおそらくその世代が主とした顧客になっているのではないでしょうか。

復縁をターゲットにしたビジネスがあることを知らない人も多いでしょうが、現在では「復縁屋」という職業が確かに存在しています。

この復縁屋、そんなに昔から成立していたビジネスではないようですから、聞いたことがないという人がたくさんいるのも当然なのですが、
復縁屋は、もともといわゆる探偵事務所や興信所の類が、他の業務と合わせてやっていることが多かったと考えられています。

それがいつしか、復縁のお膳立てをするようになり、いつの間にか「復縁屋」という名称もつくられるようになったと考えられていますね。