復縁したいけど他好き

復縁をしたいと思っている人はたくさんいますね。
復縁をしたいと感じるようになるプロセスは人によって違いますが、自分から別れ話を持ち出したわけではない場合であれば、復縁を考えてしまうのも当たり前といえば当たり前でしょう。

自分から別れ話を持ち出さなかった場合といったら、たとえばどんなケースでしょうか。
よくあるのは、相手がいわゆる「他好き」という理由を持ち出してきた場合です。
他好きの場合は、相手がもう自分に興味を持たなくなってきたというわけですから、確かにそのまま付き合っていたとしても意味はありませんし、相手にはその異性とくっついて幸せになってもらうしかないでしょう。
とはいえ、自分がものすごく好きで付き合いを開始したような場合であれば、いくら「他好き」で別れることになったとしても、そう簡単に忘れられるものではないはずです。
こうなってくると、自分が他の異性を探そうという気持ちもわいてこないでしょうし、いつまでも別れた異性のことを思い出しながら無意味に時間を費やしてしまうことになりますが、他好きで別れたのに結局復縁することに成功したケースもあります。
その他好きの異性が、思ったほどいい人ではなかった場合や、その他好きの異性に告白して断られた場合や、その他好きの異性と交際をスタートしてみた結果うまくいかなかった場合などが考えられます。
つまり、自分のところに戻ってくるという形で復縁が成功したということですね。