お見合いパーティーの参加費について

先日、しばらく彼女のいない友人がしびれをきらしたのか「結婚相談所に登録した」と話を切り出した。
そして初めて行ったお見合いパーティーの参加費について「なんで男ばかりが高い設定なんだ!」と興奮ぎみで話してました。
たしかにあーいったパーティーの参加費は男性が女性に比べて多いことがよくある気がします。
相手を探すという意味では同等な気がするのだけど。
今までは意識したことがなかったけど身近な人間が参加したことで改めて男女平等という言葉の意味までも考えさせられた出来事でした。
友人はその金額に対して腹を立てているというより内容に対しての金額の差に対して腹を立てている感じでした。
友人は納得してないながらも次はいかないとはいいませんでした。
やはり、払っても相手を見つけたいと思っているのでしょう。
私は友人がその参加費を払ったことを安いものだと笑っていえるように素敵な出会いが今後待ってることを願っていようと思いました。
やっぱりそこに踏み切ったってことは結婚というものに正面から向き合っているということだろうから参加費がどうしたこうしたは言ってほしくはないですしね。
昔ながらの亭主関白の考えが料金を設定するときにもちだされるんでしょうかね。
最近は婚活のひとつとしてお見合いパーティーなるものが巷では流行っています。
結婚相談所と違って入会金や月会費は不要で当日の参加費だけで参加できるのも魅力です。
お見合いと銘打ってはいますが「絶対に結婚相手を見つけるぞ!」と気負いこまなくても軽い気持ちで参加できます。
しかしもちろん結婚が前提ですのでフリーでない人や冷やかしはいけません。
お見合いパーティーの参加費ですが、男性はまず有料です。
女性は無料の場合もあれば有料の場合もあります。
有料でも男性より安く設定されているのが普通ですが、経済力のある男性ばかりを集めたパーティーでは男性よりも高く設定されている場合もあります。
聞くところによると参加するなら断然女性が有料のパーティーが良いそうです。
無料のパーティーは遊び半分で参加する若い女性が多く、中にはパーティーで出される料理やドリンクだけを目当てに参加するような卑しい人間もいるようです。
男性は高い参加費を払って本気で恋人を見つけようとしているのにいざ気に入った女性と話してみると「実は彼氏いるんですぅ~」なんてこともあります。
あまりにひどいとクレームが来ますので主催者側も気をつけてはいるのでしょうが、しかし参加者が集まらないことには始まりませんのでやむを得ず女性を無料にするケースがあるようです。
男性は多少参加費が高くても女性も有料のパーティーを選ぶべしです。