自分たちのオリジナルTシャツを作るポイント

Tシャツのデザインは様々です。無地の物、写真がプリントされた物、刺繍、イラスト、ロゴのTシャツ。デザインはもちろん、色も非常に自由度が高いです。色々なTシャツがある中で、仲間同士のだけのオリジナルTシャツや、世界でたった一枚の自分だけのオリジナルTシャツが作れたらとても嬉しいですね。イベントのときに仲間同士同じデザインのTシャツをオリジナルで作って着ていたらとても盛り上がるし、結束も深まります。さて、どうやったら自分たちだけのTシャツをオリジナルで作ることができるのでしょうか。難しそうに感じますが、意外と簡単で手軽にオリジナルTシャツを作ることができます。1つ目は「自分たちで手作りする」2つ目は「業者に頼む」の2パターンが考えられます。最近では大手の有名ブランドでもオリジナルTシャツを作ることができます。

自分たちで作るオリジナルTシャツ

さて、もし自分たちの手でTシャツをオリジナルで作るとしたらどういった方法があるでしょうか。1番手軽で手っ取り早いのは「ステンシル」ではないでしょうか。ステンシルなら同じものを複数作ることもできます。文字や簡単なイラストなら市販のステンシルシートを使えば子供でも簡単にオリジナルTシャツを作ることができます。自分で書いた絵や著作権フリーのイラストをプリントアウトしたものから、オリジナルのステンシルシートも簡単に作ることができます。細かいデザインのイラストには向きませんが、デフォルメされたものならピッタリです。次におすすめなのが「アイロンプリントシート」です。プリンターで好きなデザインをシートに印刷し、Tシャツにアイロンで圧着する方法です。この方法なら細かいデザインや写真もTシャツにできます。たくさん印刷すれば同じものを複数作ることも可能です。仲間と手作りするのも自分たちで作る醍醐味です。

プロの業者に頼むオリジナルTシャツ

自分たちでTシャツを作る時間がない時や、大量に必要な時、クオリティの高いオリジナルTシャツを作りたい時はプロに頼むのがおすすめです。一昔前は注文するのに最低枚数が決まっていることや、意外と高額なこともありましたが、今は一枚からでもOKで、非常に安価で作れるお店もたくさんあります。インターネットから簡単にその場でシュミレーションでき非常に手軽です。Tシャツの素材、色も選択肢が幅広く、大量に頼むと一枚あたりの単価が下がるお店も多いです。一番のメリットは失敗する心配がなく、クオリティの高いTシャツが作れる点ではないでしょうか。今は大手のブランドでもフルカラーのプリントTシャツをオリジナルで作ることができます。自分の手作りでは難しいTシャツ全面へのプリントや、刺繍なども可能なのはプロならではですね。納期はお店にもよりますが、最短3日など、非常に早く完成するのも魅力です。