様々な加工方法で仕上げるオリジナルTシャツ

無地のTシャツは安価で、背中、胸、袖と、どこにでも文字や絵柄を入れられるので、オリジナルな個性を表現するのにピッタリの素材です。オリジナルのTシャツの加工方法には、アイロンプリント、手書きといった自分でできる簡単なものから、シルクスクリーンや転写プリントにインクジェットプリント、カッティングプリント、刺繍などの専門業者に依頼するものまで種類が豊富です。シンプルな文字のプリントから迫力のある絵柄まで様々ですが、自分で作ると温かみのある仕上がりになります。専門業者に頼むと、お店で買ったTシャツと変わらない完成度が期待できます。どちらを選ぶにしても、一番人気は多色刷りです。心に残る圧巻の多色刷りでオリジナルのTシャツを作れば、関係者のモチベーションも上がり、大切な思い出がTシャツとして残ります。

自分でできる多色刷りオリジナルのTシャツ

アイロンで押さえるだけで多色刷りができてしまうアイロンプリントが、自分でオリジナルのTシャツを作る最も簡単な加工方法です。パソコンを使って、写真やイラストなどを転写シートに印刷し、それをアイロンの熱で接着させるので、複雑な多色刷りのTシャツでも手軽に作れます。まず転写シートを、プリンターを販売している家電量販店や通販で購入します。これにプリントしたい画像を反転させて、インクジェットプリンターで印刷します。印刷が出来たら、転写シートと画像の間の余分な部分を丁寧に切り取ります。余白は完成後にTシャツ上で半透明になるので、無駄な部分を切り取っておくと仕上がりが綺麗です。Tシャツに転写シートを置いて、しっかり体重をのせて、水蒸気を含まないドライの状態でアイロンをかけます。温度が下がってから転写シートを剥がし、付属の台紙を当てて再度アイロンをかければオリジナルのTシャツの完成です。

ステンシルシートでオリジナルのTシャツ

簡単に出来る加工方法として、Tシャツに直接描いていく手書きがありますが、何枚も同じTシャツを作るのは大変です。これを簡単にしてくれるのが、ステンシルシートという型紙です。ステンシルには、布用の絵の具を使います。絵柄や文字がくり抜かれている部分に、スポンジで絵の具を落としこんで色を付けていきます。自然乾燥させれば完成し、洗濯をしても色落ちはありません。文字や絵を描くのが苦手でも、ステンシルシートがあれば簡単に、同じデザインが何枚もプリントできます。手書きでオリジナルのTシャツを作るには、布用クレヨン、布用マジックもあります。クレヨンやマジックは、これだけですぐにTシャツに文字や絵を描くことが出来、手芸店や通販で購入できます。Tシャツに手書きする時は板などの上にテープで止めておくと描きやすいです。