オリジナルTシャツを使用できる様々な場面

高校の文化祭や大学のサークル、お子さんの部活動などでTシャツをメンバー全員お揃いにしようとオリジナルのTシャツを作りたいなと思ったことはありませんか。最近ではインターネットで簡単にそういったオリジナルのTシャツを大量に生産して購入することができます。そういったイベントなどオリジナルで作成したTシャツを着ていたりすると、とても目立ちます。ベースとなるTシャツの色も選ぶお店にもよりますが何十種類と取り揃えているところもありますので、自分たちだけのオリジナリティ溢れたTシャツが作成できます。そして、イベントが終わった後もそのTシャツは記念として残りますし、普段にも使用できます。Tシャツもキッズサイズからキングサイズまで、様々なサイズ展開がされていますし、Tシャツと聞くと半袖と思うかもしれませんが、長袖だったり、丸首、Vネックなど、首元のデザインなども選べたりします。

イベントの事を考えてオリジナルのTシャツを注文しよう

まずは、どういったイベントにそのオリジナルのTシャツを使用するのかを考えます。学校のイベントなのか、部活動や個人的な習い事でのイベントなのか、文化的なものなのかスポーツ的なものなのかで、Tシャツのメインとなるデザインが変わってきます。イラストを載せるのか、スタイリッシュな文字だけのデザインを載せるのか、それとも、学校名やクラブの名前なども載せなければいけないです。作成時に色々とメンバー内で話し合いが行われると思いますが、そこで目立つか目立たないかが分かれます。イラストにしても、文字にしても、Tシャツのメインとなる部分に関して、自分達で描いたりするのもよし、Tシャツを依頼するところにもデザイナーさんがいる場合は、相談するのもいいでしょう。自分達でデザインを作成する場合は、データの入稿日をしっかりと確認しておくことが重要です。

オリジナルのTシャツを作成する際の注意点

オリジナルのTシャツを作成する際、たくさんあるサイトの中から1つのお店を選択するわけですが、何枚から注文ができるのかを最初に確認しておきましょう。50枚しかいらないのに、100枚からしか注文ができないお店では、せっかく時間をかけてお店を選んでもそのお店は使えません。次に、Tシャツの形を選んだりサイズを選んだり、デザインを作成したりと順番に進んでいくわけですが、注文する前に注文する枚数は何枚なのか、サイズはそれぞれ何が何枚いるのか、事前にきちんとメモしておきましょう。そしてデザインですが、お店に依頼する場合はお店がデザインを作成してそれをこちら側が確認して次の工程に進むという形になっていくかとは思いますが、自分でデザインを持ち込む場合、最終、Tシャツが完成するまでにも時間がかかるわけですから、締め切りの確認とその締め切りをきちんと守るといったことが重要になってきます。

オリジナルTシャツのプリント、製作、作成において多くの実績を持つ会社です。 最低ロット100枚以上で大口割引ができます。 決済方法は銀行振込・クレジット・コンビニ・代引きがあり便利です。 見積りを担当したスタッフが、制作完了まで責任をもって対応します。 オリジナルTシャツのお電話でのお問い合わせは9時~17時です。 INFACTORYならTシャツをオリジナルで作成可能です